運用ログについて

トップ  前へ  次へ

 

運用ログの種類

 

運用ログはアクセスログとは違い、 Fb3Indxerの稼動中に自動でそれぞれ以下のファイルに出力されます。各運用ログの出力フォルダは、[APPDATA]\idxsvrlog となります。

 

ファイル名

説明

プログラム

crawler.log

インデックス構築処理のために、フォルダ以下の全ファイルのスキャンをします。ログファイルには、スキャンした結果のファイル数およびフォルダ数が出力されます。このファイル数は除外設定が考慮されています。

FbCrawler.exe

housekeeper.log

古いログファイルや一時作成ファイルを削除します。ログファイルには、特に重要なログは出力されません。

FbHouseKeeper.exe

idxsevr.log

Ex@Pad本体のログファイルです。5分おきに稼働状況(各ジョブの残数と最終実行日時)が出力されます。

TpIdxSvr.exe

monitor.log

ドキュメントルートのファイルの変更を監視しています。ドキュメントルートフォルダが何らかの理由で見えなくなった場合、エラーメッセージが出力されます。

FbDirMonitor.exe

preview.log

ファイルからプレビューを抽出します。    ログファイルには、抽出に失敗したファイルパスが出力されます。

FbPreviewExtractor.exe

solr.log

検索エンジン(Solr)への登録・削除を行います。ログファイルには、検索エンジン(jetty)のメモリ不足が発生したときに、エラーメッセージが出力されます。

FbSolrProxy.exe

text.log

ファイルから本文テキストを抽出します。ログファイルには、抽出に失敗したファイルパスが出力されます。

FbTextExtractor.exe

tpi.log

抽出したテキストやプレビューファイルを適切なプレビュー保存フォルダに配置します。ログファイルには、特に重要なログは出力されません。

FbTpiProxy.exe

 

運用ログの出力フォルダ先の変更

運用ログの出力フォルダは、管理ツール > 基本設定 > WEBアプリ で変更することができます。

パラメータ名、idxserverlog_savepath の、出力フォルダのフルパスを指定してください。
※設定を有効にするにはFb3Indxerサービスの再起動が必要です。

 

なお、TpIdxSvr.exeを実行するユーザー(通常ローカルシステムアカウント)が書き込み可能なフォルダである必要があります。

 


Copyright (c) Broadleaf Co., Ltd. All rights reserved.