データ領域とバックアップ対象

トップ  前へ  次へ

 

データ領域について

 

Ex@Padでは大きく以下の三つのデータ領域を使用します。

ドキュメント領域: 管理対象の文書を格納する領域です。通常のWindows NTFSファイルシステムで、ファイルサーバーの共有フォルダとしてそのまま併用することが可能です。
全文検索インデックス領域: 検索を高速にするために使用する索引データ領域です。
ファイル拡張データ領域: ファイルのサムネイル・プレビュー画像および、ファイルから抽出したテキストを保持する領域です。

 

ドキュメント領域(ドキュメントルート)

 

Ex@Padが管理するデータ本体です。

バックアップの必要性: あり(ファイルサーバーのバックアップ)
保存場所:  [DocumentRoot](ドキュメントルートフォルダ)

 

全文検索インデックス

 

高速にファイル名検索、全文検索を行うために生成されたデータです。

バックアップの必要: なし(ドキュメントルートのデータから再構成可能です。)
保存場所(デフォルト値):C:\ProgramData\Ex@Pad_data\SearchIndex

 

ファイル拡張データ

 

WordやExcelなどのバイナリファイルやHTMLなどのテキストファイルから、表示可能な文字列を抽出してこの領域に保存しています。

プレビュー画像・サムネイル画像も、この領域に格納されます。

 

バックアップの必要 : なし(ドキュメントルートのデータがあれば、再構成可能です。)
保存場所(デフォルト値): C:\ProgramData\Ex@Pad_data\Preview(プレビュー保存フォルダ)

 

 


Copyright (c) Broadleaf Co., Ltd. All rights reserved.