追加・変更された機能一覧

トップ  前へ  次へ

 

 

各リリースで、追加・変更された機能

 

Ex@Pad Ver.3.2.2以降に、各バージョンで追加・変更された機能の一覧です。

 

2017/11/27 ver.3.11.0.2

■新機能

・検索ツールバーで使えるファイル名検索ショートカットを追加しました。「キーワード入力 + Ctrl + Enter」でファイル名検索できます。
・インデックス構築状況画面を刷新しました。
・ファイル名がピリオドで始まるファイルやフォルダを非表示にする機能を追加しました。config.ini[hide_dotfile]をONにしてください。
・ファイルの作成日時及びサイズで検索できるようになりました。
・特定のファイル種類を除いた検索ができるようになりました。type:-docxのように拡張子の前に半角ハイフンを付けて検索してください。
・日付範囲検索で、N日以上前や N年以上前 などでの検索ができるようになりました。
・タスクスケジューラーに「設定をバックアップ」アクションが追加されました。config.ini[config_backup_directory]で指定したフォルダにバックアップされます。

■変更点

・Fb3Indexerサービスの終了にFb3Solrサービスを停止しないように修正しました(設定で変更可能です)
・除外パスもしくは検索除外パスに設定されているフォルダでは、検索ツールバーが表示されなくなりました。
・システム設定 > 除外ファイル設定 の仕様を変更しました。
・インデックス/プレビューの再構築や掃除時に常にサブフォルダが含まれるようになりました。
・一覧出力に、作成日時とタグ情報が出力されるようになりました
・不具合修正
・inddファイルのプレビュー抽出処理を改良しました。
・テキスト抽出/全文検索除外パスに設定されているASCII系テキストファイルが、全文検索できてしまう不具合を修正しました。
・システム設定 > 設定全般において「ユーザ設定のみ表示」チェックを入れても絞り込まれない不具合を修正しました。
・除外 検索対象パスにおいて、フォルダやテキスト抽出対象でないファイルが除外されない不具合を修正しました。
・menu_overwriteをOFFにすると、新規アップロードできない不具合を修正しました。
・システム設定 > ドキュメントルートにて、TPIフォルダに共有フォルダパスを指定していると存在しているのに警告が表示され保存できない不具合を修正しました。

2017/05/11 ver.3.9.0.4

■不具合修正

・一部のセキュリティソフトがFbOpenWeb.exeのマルウェア感染を誤検知する問題を回避

2017/05/01 ver.3.9.0.3

■新機能

・Zipファイルの展開先を選択できるようになりました

2017/04/27 ver.3.9.0.2

■新機能

・ファイル検索ユーザーインターフェースを改良しました
・Internet Explorer以外でも統合Windows認証でログインできるようになりました
・トップ フォルダの名称を変更できるようになりました
・ドキュメントルートのフォルダアイコンを変更できるようになりました
・WEBシステム設定ユーザーインターフェースを改良しました。メニュー階層を無くし一覧性を向上させました。
・管理ツールのユーザーインターフェースを改良しました。メニュー階層を無くし一覧性を向上させました。
・RTF(リッチテキストフォーマット)ファイルのプレビューができるようになりました
・ExaPad API V3を公開しました
・一部の情報管理のためにPostgresqlデータベースを利用するようになりました

■変更点

・Windows Vistaがサポート対象外OSになりました
・Windows Server 2016 がサポート対象OSになりました
・.Net Framework 4 が導入されていないマシンへはインストールできなくなりました
・32Bit OSへはインストールできなくなりました
・WindowsOSのInternet Explorer9,10サポート終了に伴い、Internet Explorer9,10がサポート対象外ブラウザになりました。

■不具合修正

・2GBを超えるファイルの通常アップロード(JAVAアップロードでない)に失敗する不具合を修正しました

2017/01/26 ver.3.8.0.2

■新機能

・内部で使用しているWebサーバーがApache HTTP Serverからアプリケーションサーバー一体の独自Webサーバーへ変更されます
・デフォルトの表示形式を変更できるようになりました
・特定のフォルダを検索対象外(検索対象除外パス)に設定できるようになりました
・Google Chromeにてフォルダのドラッグ&ドロップによりファイルのアップロードができるようになりました
・MHTファイルの閲覧ができるようになりました。※javascriptが使用されているmhtファイルなど一部のファイルは表示できません

■変更点

・SSL設定にて複数の証明書を有効にすることができるようになりました
・Ver3.7.0にて無効化されていた統合Windows認証が使用可能になりました
・DWGファイルにおいて、コントロールコードの検索ができるようになりました
・Microsoft Wordファイルのプレビューファイルに変更履歴が埋め込まれなくなりました
・Microsoft Excelファイルのプレビューファイルに非表示タブが埋め込まれなくなりました

2016/11/17 ver.3.7.0.12

■新機能

・ユーザ・インターフェース(UI)を刷新して使い勝手をより良くしました
・md(Markdown)ファイルの閲覧/編集に対応しました
・Acrobat Readerを使わずにPDFファイルをプレビューできるようになりました
・CADファイルをPDF形式でプレビューできるようになりました
・ログイン画面のユーザー名入力ボックスのヒントを非表示にできるようになりました。システム設定 > 設定全般(config.ini) >[hide_userid_hint_in_login] をONに設定してください
・ファイル一覧において並び順を固定できるようになりました
・ファイルやフォルダにタグ(ExaPad独自のメタ情報)を付加できるようなりました

■不具合修正

・管理ツール > サーバー証明書 設定画面の幅が狭くなってしまう不具合を修正しました
・フォルダパス(breadcrumbs)やフォルダツリーにて「一覧出力」右クリックメニューが表示されない不具合を修正しました

■変更点

・統合Windows認証 機能を一時的に無効化します
・他の人が追加したコメントは削除できなくなりました
・「新しいテキスト」「新しいメモ」にてファイル作成時に、更新者と作成者を保存するようにしました

2016/09/29 ver.3.6.1.6

■新機能

・ファイルのクリック時にfileスキーム(file://***)でファイルを開けるようになりました

■不具合修正

・インデクサーのクロール時に、アクセスできないフォルダがあるとクロール処理が停止してしまう不具合を修正しました。これはVer3.5.1.1から含まれる不具合です
・ショートカットファイル(*.lnk)が開けない不具合を修正しました。これはVer3.6.0.1から含まれる不具合です

■変更点

・ポータルページにおいて検索ボックスのデフォルトの表示状態を変更できるようになりました。システム設定 > 設定全般(config.ini)> [show_searchbar_in_portal] を設定してください

2016/07/07 ver.3.6.0.1

■新機能

・環境設定をWebブラウザから変更できるようになりました
・ドラッグ&ドロップでファイルをアップロードできるようになりました
・ExcelファイルをHTMLプレビューする時の最大行数を変更できるようになりました。システム管理 > 高度な設定 > その他全設定項目
(config.ini) > [xls_max_rowcount] を設定してください
・テキスト抽出するファイルのサイズ上限を拡張子毎に変更できるようになりました。システム管理 > 高度な設定 > その他全設定項目
(config.ini) > [max_extract_text_file_size_kb_extlist] を設定してください
・HTMLファイルプレビューにおいて電話番号リンク(href="tel:電話番号)を使用できるようになりました

■不具合修正

・ログイン時のパスワードをWebブラウザに記憶できない不具合を修正しました
・ファイルのタイムスタンプを過去日付に戻した場合に、検索インデックスに反映されない不具合を修正しました
・ドキュメントルートが一つの場合に、そのドキュメントルートに隠し属性を割り当てても中身を一覧できてしまう不具合を修正しました

■変更点

・ドキュメントルートのエイリアス名は省略できなくなりました
・ドキュメントルートが1つの場合でも必ずトップが表示されるようになりました
・初回インストール時に使用していた初期化ウィザードが廃止されました

2016/02/29 ver.3.5.1.1

■新機能

・ファイルのパスを直接入力できるようになりました
・ファイルリストとフォルダツリーにて、Windowsエクスプローラーと同様のキーボード操作でファイルが閲覧できるようになりました
・ExaPad管理者パスワードをクリアすることができるようになりました
・アップロード可能なファイルの拡張子を制限できるようになりました。管理ツール > 基本設定 > WEBアプリ > その他 >[uploadable_extlist]に拡張子をカンマ区切りで指定してください
・直接オープンインストール画面をカスタマイズできるようになりました
・SSLの自己署名証明書を作成することができるようになりました

■不具合修正

・ファイル名検索において半角スペースを含むファイルがヒットしない不具合を修正しました
・iOS9 Safariにおいて画像の全画面表示時にツールバーが表示されない不具合を修正しました
・ログイン時にWindowsアカウントのパスワード変更ができない不具合を修正しました
・Internet Explorerにおいてファイル検索でヒットしたExcelファイルを閲覧時にページを切り替えるとファイル検索条件がクリアされてしまう
不具合を修正しました
・webtempdirに設定されている一時フォルダのリフレッシュが実行されない場合がある不具合を修正しました

■変更点

・アクティベーション(ライセンス認証)が必要になりました
・Internet Explorer8がサポート対象外ブラウザになりました。
・Microsoft Edgeがサポート対象ブラウザになりました。
・Windows8.0がサポート対象外OSになりました。Windows8.1は引き続きサポート対象となります
・ExaPadが使用するApache, Java, Jettyのバージョンを最新化しました。(Apache=2.2.31, Java=8.0.740.2,jetty=9.3.6.v20151106)
・adminusers/admingroupsが指定されてかつExaPad管理者パスワードが設定されていない場合に、管理者でないユーザーは管理者メニューが表示されなくなりました
・Javaアップローダーの証明書を更新しました
・Javaアップロード機能の非対応ブラウザにGoogle Chrome, Microsoft Edgeが追加されました

2015/11/26 ver.3.5.0.7

■新機能

・ロードバランサーやプロキシサーバー経由でExaPadにアクセスした場合に、本来のクライアント端末のIPアドレスでネットワークアドレス判定が
できるようになりました
・統合Windows認証ログイン後に、別ユーザーでもログインできるようになりました
・変更点
・「フルパスを表示」にて表示されるファイルのパスを、ドキュメントルートパターンを考慮したパスで表示するように変更されました

■不具合修正

・管理ツールにてSolr(検索エンジン)のヒープメモリサイズ(MB)を10000以上に設定できない不具合を修正しました

2015/11/12 ver.3.5.0.4

■不具合修正

・Javaアップローダー画面やシステム設定画面において、custom/header.phpがロードされてしまう不具合を修正しました

2015/11/03 ver.3.5.0.3

■新機能

・xdoc2txt(全文テキスト抽出コンバーター)がUnicode文字を抽出できるようになりました
・Office文書に定義されたユーザー定義プロパティを全文検索できるようになりました ・ファイルダウンロード時のチャンク(分割)サイズを変更できるようになりました。管理ツール > 基本設定 > WEBアプリ > その他 >
[download_chunksize]から設定できます

■変更点

・URLおよび各種パスの形式が変更されました。バージョンアップの際には影響がありますので必ず事前にご確認ください
・ファイル/フォルダの削除を検知した際にその親フォルダをインデックス再構築する仕様が削除されました
■不具合修正
・除外設定(exclude.txt)されているファイルが閲覧画面にて「プレビュー作成中です」と表示されてしまう不具合を修正しました。これはver.3.3.2.59から含まれる不具合です
・除外テキスト抽出パス(exclude_extracttext.txt)に指定されたファイルが検索インデックスに載らない不具合を修正しました。これはver.3.4.0.4から含まれる不具合です
・htmlやthtmlファイル内のハイパーリンクがURLエンコードされている場合にリンク先を参照できない不具合を修正しました。これはver.3.4.0.4から含まれる不具合です
・リモートフォルダ上のショートカットファイルが開けない不具合を修正しました。これはver.3.4.0.4から含まれる不具合です

2015/10/19 ver.3.4.1.9

■変更点

・フォルダのコピーや移動時に、フォルダ内の一部のファイル・フォルダが原因で中断した場合、そのパスもアクセスログに出力されるようになりました

■不具合修正

・読み取り権限のないドキュメントルートが表示されてしまう不具合を修正しました。これはver3.4.1.1からver3.4.1.5にのみ含まれる不具合です
・ドキュメントルートまたがりのファイルのコピーや移動時に更新日が継承されない不具合を修正しました。これはver.3.4.0.4から含まれる不具合です
・Internet ExplorerにてJavaアップロード完了後にファイル一覧が更新されない場合がある不具合を修正しました

2015/10/01 ver.3.4.1.5

■不具合修正

・ファイルやフォルダの削除を検知した際に、その親フォルダがクロールされてしまう不具合を修正しました。これはver.3.4.1.1から
ver.3.4.1.3にのみ含まれる不具合です

2015/09/17 ver.3.4.1.3

■変更点

・ツリービュー内のドキュメントルートの順番が五十音順から、管理ツール > 基本設定 > ドキュメントルートに変更されました。
ver.3.4.0.4にて五十音順に変更されましたが、ver.3.3.4.19までと同様の表示順になるようにしました

■不具合修正

・管理ツール→タスクスケジューラの「インデックス・プレビュー再構築」アクションが実行されない不具合を修正しました

2015/08/31 ver.3.4.1.1

■新機能

・統合Windows認証に対応しました。Internet Explorerでのアクセス時に自動でログインできるようになります
・管理ツールにSSL(https接続)導入支援機能を追加しました

■変更点

・Windows XP, 2003のサポートが終了しました。今バージョンから本体および直接オープンクライアントは左記OS上にはインストールできなくなります
・WebサーバーサービスはLocal System以外のアカウントでは起動できなくなりました
・同一ドキュメントルート内のファイルおよびフォルダの移動時に、移動先のWindowsセキュリティ権限が引き継がれるようになりました。従来は移動元のWindowsセキュリティが引き継がれていました
・直接オープンクライアントのインストール方法が変更されました
・"新しいテキスト、新しいメモ、テキスト編集、メモ編集" のいずれかによって保存したファイルの改行コードがLFからCRLFに変更されました。Windowsのメモ帳で開いても改行として表示されるようになります

■不具合修正

・テキスト抽出上限サイズの設定値(max_extract_text_size_kb)が設定値よりも小さいサイズしか抽出されない不具合を修正しました
・ドキュメントルートにローカルドライブ(C:\やD:\など)を指定できない不具合を修正しました。これはver.3.4.0.4からver.3.4.0.14にのみ含まれる不具合です

2015/07/02 ver.3.4.0.14

■新機能

・ファイル名のソート順を単純な50音順に切り替えられるようになりました。管理ツール > 基本設定 > WEBアプリ > その他 >
[no_strcmp_logical]にチェックを入れてください

■不具合修正

・ドキュメントルートが1つのみ設定されている場合に、ポータル機能の検索キーワードランキングが表示されない不具合を修正しました
・システム設定において、インデックス構築状況, 現在ログイン中のユーザー, アクセスログレポートの時刻が12時間形式で表示されてしまう不具合を修正しました
・installer.logが読み取り専用である場合にバージョンアップインストールを開始できない問題を修正しました
・ACLサーチが有効な場合に長いファイル名(260文字以上)のファイル、フォルダの検索ができない問題を修正しました

2015/05/28 ver.3.4.0.7

■不具合修正

・設定パラメーター[filelist_maxsize_mb]の値を2048(2Gバイト)以上に設定できない不具合を修正しました
・一括ダウンロードに失敗する場合がある不具合を修正しました。これはver.3.4.0.4にのみ含まれる不具合です

2015/05/11 ver.3.4.0.4

■変更点

・クラシック表示機能が廃止されました。これによりInternetExplorer6,7はサポート対象外となります。
・ツリービュー内のドキュメントルートの順番が管理ツール > 基本設定 > ドキュメントルートの順番から、五十音順に変更されました
・アクセスログファイル内のファイルパス表記が変更されます
・/resへの参照が無くなりました
・フォルダコピー時のアクセスログが親フォルダのログのみになりました。旧バージョンではフォルダ内の全てのファイル・フォルダについて出力されていました
・FbStorage.exe, FbProperty.exe FbAclManager.exe のサポートを終了いたします
・ユーザー招待機能が廃止されました

■新機能

・ファイル一覧画面をクリック時に別ウィンドウで開く機能が追加されました。管理ツール > 基本設定 > WEBアプリ > その他 >[gridview_pathlink_type]にshownewviewを指定してください。
・ファイルアップロード時にプログレスバーが表示されるようになりました。(Google Chrome, Firefox, InternetExplorer10以降 で対応しています)
・Jw_cadファイルのプレビュー、テキスト抽出に対応しました。別途 JacConvert http://homepage3.nifty.com/
jacconvert/)のライセンスが必要です
・XDW(DocuWorks)ファイルのアノテーション(テキスト、付箋)の全文検索に対応しました。PDFプレビューにも対応しました
・Excelファイルのhtmlプレビューの最大ページ数を変更できるようになりました。管理ツール > 基本設定 > WEBアプリ > その他 >[xls_max_sheetcount]から設定できます
・プレビュー未作成のファイルを閲覧時にプレビューが作成されたかを問い合わせる間隔を変更できるようになりました。管理ツール > 基本設定 > WEBアプリ > その他 > [preview_reload_interval]から設定できます
・ダウンロードできるファイルの種類を制限することができるようになりました。管理ツール > 基本設定 > WEBアプリ > メニュー >[menu_download_extlist]から設定できます
・Javaアップロードメニューを非表示にできるようになりました。管理ツール > 基本設定 > WEBアプリ > メニュー >[menu_javaupload]から設定できます
・Javaアップロード時の分割時サイズを変更できるようになりました。管理ツール > 基本設定 > WEBアプリ > その他 >[javaupload_chunksize]から設定できます
・検索ボックスを非表示にできるようになりました。管理ツール > 基本設定 > WEBアプリ > メニュー > [menu_search]から設定できます
・ファイルコピー処理の終了を待機できるようになりました。旧バージョンではコピー処理に時間がかかる場合にブラウザがタイムアウトしていました

■不具合修正

・除外テキスト抽出パスに指定されているファイルのテキストが抽出されてしまう不具合が修正されました
・管理ツールの数値エディットで2147483648(32bit整数)以上を設定できない不具合が修正されました
・異なるドライブが指定されているドキュメントルート間でのファイルの移動に失敗する不具合を修正しました
・ファイルのリネーム時に大文字小文字のみの変更をした場合にファイルが削除されてしまう不具合を修正しました。(フォルダのリネーム時は発生しません)

2015/02/24 ver.3.3.4.19

· ドキュメントルートのファイルサーバー上でバックアップサービス(WindowsServer DFSレプリケーション等)が稼働している場合で一定サイズ以上のファイルをJavaアップローダーでアップロードすると失敗する問題を修正しました

2014/12/01 ver.3.3.4.10

· ファイルの画像プレビューの全画面閲覧中にブラウザの「戻る」ボタンを押すと、フリーズしてしまう不具合を修正しました
· Javaアップロードにおいて同名ファイルが存在するときに「スキップします」にチェックが入っているにもかかわらず、「アップロード」ボタンを2回押すことで上書きされてしまう不具合を修正しました

2014/11/27 ver.3.3.4.8

· 管理ツールにてドキュメントルートを変更した場合に、ユーザーID/パスワード入力を促して読み取り権限のチェックを行えるようになりました
· プレビューが作成途中のファイルを閲覧時に、すでに作成されたプレビューを「すぐ見る」ボタンを押さずに自動で表示できるようになりました
· 検索時における詳細表示ビューの親フォルダへのリンク表示を見やすくしました
· 一覧出力メニューを非表示にできない不具合を修正しました。(管理ツール→基本設定→WEBアプリ→メニュー→menu_getcsvlistから設定できます)
· フォルダに対して削除権限のないユーザーが新規アップロードできるようになりました。(ただし、上書きアップロードは従来どおり失敗します)

2014/08/28 ver.3.3.3.34

■新機能

・Microsoft Officeファイルの表示・編集に対応しました(別途ライセンスが必要)
・初期導入ウィザード機能が追加され、インストール作業が簡単になりました

■変更点

・内包するWebサーバー(Apache)のバージョンが新しくなりました。これによりIPv6に対応されました
※HTTPポートを80番以外でご利用されているお客様は必ずご確認ください
・複数ファイルアップロードに対応しました
・パスワード付きZipファイルの展開ができるようになりました
・ファイル閲覧画面において、プレビュー作成が完了した場合に自動で再表示されるようになりました
・システム設定 - 稼働状況 から設定ファイルを一括でダウンロードできるようになりました

■不具合修正

・Google Chromeにてログアウトできない不具合を修正しました
・ファイルパスが260文字を超えるファイルのアップロードに失敗する不具合を修正しました

2014/06/30 ver.3.3.2.71

■キーワード「*」で検索を繰り返すとWebサーバーがフリーズしてしまう不具合を修正しました

2014/04/03 Ver.3.3.2.59

■新機能

一覧出力がEXCEL形式に対応しました
テキストファイルの編集ができるようになりました
Zipファイルの展開ができるようになりました
pps, ppsm, ppsx, docm, pptm, xlsb, xlsmファイルのプレビューに対応しました
docm, pptm, xlsb, xlsmファイルの全文検索に対応しました

■変更点

プレビュー作成方法が変わりました
ブラウザ上でプレビュー作成設定はできなくなります。>>詳しくはこちらへ
.Net Framework2.0がシステム要件に追加されました
ファイルの閲覧画面が新しくなりました
ビューワーが使いやすくなりました
背景色を変更できるようになりました
コメント、概要を畳めるようになりました
Apple iPadでの操作レスポンスが向上しました
システム管理画面がInternet Explorer6,7はサポートされなくなりました
PCブラウザでは検索パネルが常時表示されるようになりました

■不具合修正

Javaアップロードに失敗する不具合が修正されました
プロパティを空白で更新すると、それ以後更新できなくなる不具合が修正されました
特定のPDFファイルにおいて、ICC profile エラーが出てプレビュー作成に失敗する不具合が修正されました
PHPモジュールがロードされたままになっていた不具合が修正されました
Ex@Pad3.1.8.0から3.3.1.10までのバージョンへアップグレードされたお客様は、本バージョンへアップデートすることでPHPモジュールがロードされなくなります

 

2014/01/27 Ver.3.3.1.5

Javaアップローダーが、最新のJava(Version 7 Update 51)に対応しました。
Javaアップローダーにおいて、ファイル選択のチェックボックスがなくなり、反転することによって選択状態を表すようになりました。(より、Windowsエクスプローラに近づきました。)
バージョンアップ時に、Solr(検索エンジン)のメモリ設定が引き継がれるようになりました。

 

2013/12/20 Ver.3.3.0.79

■基本機能

CADプレビューが、AutoCAD 2013に対応しました。
DWFファイルに対応しました。
プレビュー品質が向上しました。
プレビューが最新でない場合、ファイル閲覧画面に、メッセージを表示するようになりました。
EXIFのOrientationに対応しました。写真のプレビュー作成時に、向きを正しく再現できます。
一部のEPS形式のプレビューの背景が、黒になる事象について、プログラムの変更を行いました。
非常用ライセンスが新たに追加されました。有効にすると30日間、ログイン可能ユーザ数が無制限になります。
ACLサーチがデフォルトで有効になりました。(新規インストール時のみ)
長いパス(255文字以上)に対応できるようになりました。ファイルの検索やプレビュー閲覧などの基本機能を使うことができます。
DocuWorksファイルの、Date型のプロパティが化けて検索できない現象を改善しました。
ワイルドカード検索で、大文字小文字を区別しなくなりました。

■ユーザーインターフェース

全画面プレビューにおいて、マウスホイールやダブルクリックで拡大操作をする際、ポインタ位置を中心に拡大されるようになりました。
ipadでログイン時に、パスワードを記憶することができるようになりました。(設定を変更することにより有効になります。)
スワイプ操作でのページ送り機能が、iOS 7にも対応しました。
セッションハイジャック対策で、直接開く場合にダウンロードして開く動作は行わなくなりました。

■インデックスサーバー

Java 64bitに対応しました。64bit版のWindows OSの場合は、自動的インストールされます。
デフォルトの検索インデックスのスキーマがinit_solr_uni.zipに変更されました。これにより、全文検索において、アンダースコア(_)で半角文字列キーワードをが分割されるようになります。また、日本語の1文字検索が可能になります。 (バージョンアップの場合は、自動的には変更されません。)
Apache TomcatがJettyに変更されました。
ログファイルの形式と、保存場所が変更されました。
インデクサーをAgent化し、負荷を分担させることにで、安定性が向上しました。

■管理ツール

管理ツールのメニューがカテゴリ別に分類され、新しくなりました。
システム設定メニューの、インデックス構築状況画面を改良しました。
ライセンスファイルファイルの形式が変わり、マシンキーのパラメータが増えました。(ライセンスファイルの発行時は、マシンキーをお送りいただく必要があります。)
TpIdxサービスにスケジュール機能が付きました。バージョンアップしたお客様は、デフォルトでは無効に設定されます。
FbAclManager.exe(拡張セキュリティツール)は管理ツールに統合されました。

 

2013/09/19 Ver.3.2.7.5

ファイルのプレビューやインデックスの更新条件を、「更新日時が新しい場合」から「更新日時が不一致の場合」に変更しました。
EPSファイルのプレビュー精度が向上しました。(EPSのプレビューには、DTPプレビューオプションが必要です。)

 

2013/08/30 Ver.3.2.6.18

ファイル一覧画面の、ファイル表示件数を変更できるようになりました。
xls, docファイルのhtmlプレビューがハイパーリンクに対応しました。
フォルダを除外して検索ができるようになりました。
ファイル属性の一括編集時の対象ファイル/フォルダ数の上限値を設定できるようになりました。既定では、100ファイルになっています。
インデックス再構築の実行画面から、「登録済チェックをスキップする」が非表示になりました。常に登録済チェックをするようになります。

 

2013/08/08 Ver.3.2.5.21

Apache, Java, Tomcatのバージョンが新しくなりました。

※ Apache httpd : 2.2.25 / Java SE : 7u25 7.0.250.17 / Apache Tomcat : 6.0.37

パスワードオートコンプリート機能の有効化、無効化を設定できるようになりました。
DocuWorks 8に対応しました。DocuWorksファイル(.xdw, .xbd)の全文検索、プレビュー作成を行うには、Ex@Pad のサーバ環境にDocuWorksの製品版がインストールされている必要がありまが、Ex@Pad 動作環境のすべてにおいて、DocuWorksがインストールできるものではありません。DocuWorksの動作環境などにつきましては、事前に富士ゼロックス様へご確認ください。

 

2013/06/28 Ver.3.2.4.20

全画面プレビューにおいて、マウススクロールでプレビュー画像を、拡大・縮小できるようになりました。
ファイルプロパティの一括編集ができるようになりました。

 

2013/05/23 Ver.3.2.3.0

Internet Explorer8では、ファイルプレビューを全画面表示しても、画面幅にフィットしたプレビュー表示しかできませんでした。この事象について、プレビューサイズが画面幅を超えている場合は、元の大きさを保持して表示するように改良を行いました。

 

2013/04/12 Ver.3.2.2.207

XLS, PDFファイルのプレビュー生成の内部解像度が上がり、より細部まで明瞭になりました。

 


Copyright (c) Broadleaf Co., Ltd. All rights reserved.