Ver.3.2.1.0 - PHPの利用廃止

トップ  前へ  次へ

 

概要

 

Ex@PadVersion 3.2.1.0から、従来のVersionで使用していたPHPの利用を廃止しました。

Ex@PadVersion 3.2.1.0よりも古い環境から、Ex@Pad最新版を上書きインストールすることが可能です。

※旧バージョンのインデックスデータはそのまま引き継ぐことができますので、インデックスの初期化は必要ありません。

 

対象となるお客様

 

Ex@Pad Version 3.1.8.0 を含む、それ以前のバージョンをご利用中で、Version 3.2.1.0以降にバージョンアップされるお客様。

 

備考

 

PHPの廃止に伴い、旧Ex@Padで設定されていたPHP関係のパラメータ値は、廃止もしくはEx@Padの新パラメータとして自動で移行されます。

自動移行されるphp.iniのパラメータは以下になります。

 

移行されるphp.iniパラメータ名

移行先パラメータ名

意味

session gc_maxlifetime

session_lifetime_seconds

ログインセッションを維持する時間(秒)

session cookie_lifetime

stay_logged_in_after_closing_browser

ブラウザを閉じて開いたときに、ログイン状態を維持するかどうか。session cookie_lifetime が 0 より大きい値に設定されていた場合に 1 に設定されます。

upload_max_filesize

upload_max_filesize_kb

ファイルアップロード時の最大ファイルサイズ(KB)

 

削除されたEx@Padのパラメータは以下になります。

 

パラメータ名

phpmodules_timeout_seconds

max_phpmodules

 

また、IIS上でPHPを運用していた場合は、3.2以降使用できなくなります
これに伴い、Windows統合認証機能(windows_authentication=1) は使用できなくなります

 

Ex@Padのバージョンアップについてご不明な点がありましたら、弊社サポートまでお気軽にお問い合わせください。

http://www.broadleaf.co.jp/

※お問い合わせと同時に、Ex@Padの稼動情報を送信していただくと、迅速に対応ができる場合があります。

 

 


Copyright (c) Broadleaf Co., Ltd. All rights reserved.