ヒープメモリ割り当てを増やす

トップ  前へ  次へ

 

Ex@Pad の検索エンジン、Apache Solrは、Java仮想マシン(以下Java VMと呼びます)上で動作します。

 

検索対象となる文書数、テキスト量が増えると、検索エンジンが必要とするヒープメモリ量が増大し、初期設定値では不足することがあります。

この場合、検索性能が低下したり、検索エンジンが応答しなくなったりする恐れがあります。

 

下記の要領でメモリ割り当てを増やしてください。

 

400~500万文書を越える大規模環境では、ヒープサイズを1GBを超えて設定する必要があります。

※32bit環境では、1GBを超えるメモリ割り当てができません。

 

設定方法

 

Ex@Pad 管理ツール > 高度な設定 > Solr(検索エンジン)を開きます。

 

0001

 

初期ヒープメモリサイズ(MB), 最大ヒープメモリサイズ(MB)を変更します。

 

※ 初期サイズと最大サイズは同じ数値に設定することを推奨しています。

32bitOSに4GBのメインメモリを搭載したマシンの場合は、設定値をを1024MBなどに引き上げてください。

64bitOSでは、もっと大きなヒープサイズを割り当てることが可能です。

 

OKボタンを押して設定を保存します。サービスを再起動すると、変更した設定が反映されます。

 


Copyright (c) Broadleaf Co., Ltd. All rights reserved.