ファイル一覧でのクリック動作

トップ  前へ  次へ

 

ファイル一覧画面でのクリック時の動作

 

ファイル一覧画面でファイルをクリックした場合、通常はファイルの閲覧ページが開きますが、クリック時の動作を、ダウンロードや直接開く動作に変更することができます。

 

clip0191

 

設定の変更

 

1.管理ツール > 基本設定 > WEBアプリの [gridview_pathlink_type] を変更することで動作をカスタマイズできます。
2.デフォルト時の設定は [showview] に設定されています。
3.showviewの他に指定可能な、動作の一覧です。

 

ID

意味

showview

ファイルの閲覧ページ(デフォルト)にジャンプします。

download

ファイルをダウンロードします。

downloadopen

ファイルを 一時フォルダにダウンロードしてブラウザ内で表示します。ただしブラウザ内で直接開ける形式の場合のみ。

directopen

ファイルを直接開きます。※ファイル直接オープンオプションが必要

shownewview

ファイルの閲覧ページを別のウィンドウで開きます。Ver3.4.0以降で設定可能です

 

clip0192

 

これらのIDのいずれかを gridview_pathlink_type に指定することで、ファイル一覧のクリック動作をカスタマイズすることができます。

 

4.さらにファイル種類ごとにgridview_pathlink_typeを指定することができます。

[動作ID][カンマ][ファイル種類][セミコロン][ファイル種類]… の形式で記述します。

例)doc, xls, pptについては downloadopen、zipとlzhについては downloadを指定する場合は以下のように記述します。

 

       downloadopen,doc;xls;ppt

       download,zip;lzh

 

例2)フォルダの動作も指定することができます。ファイル種類の部分を folder と記述してください。

下記のように記述すると、フォルダ(folder)は showview でそれ以外は directopen となります。

 

       directopen

       showview,folder

 

clip0193

 

※カンマやセミコロンの前後に半角スペースを入れないで下さい。

 

モバイル端末の場合は"directopen"など使えない機能があり、その場合は”showview"で動作します。

また、ダウンロードできないファイル形式などでは、エラーメッセージが表示される場合がありますのでご注意ください。

 

 


Copyright (c) Broadleaf Co., Ltd. All rights reserved.