フォルダアクセスのセキュリティ

トップ  前へ  次へ

 

 

【このページの主な項目】

フォルダ・アクセスのセキュリティ
パスワード変更機能

 

フォルダ・アクセスのセキュリティ

 

Ex@Padは、Windows OSに設定されたセキュリティ設定を利用します。
Ex@Pad上での操作は、Windows OSのファイルシステムに設定されたセキュリティがそのまま適用されます。
セキュリティの変更は、Windowsのエクスプローラを利用して行います。
なお、Ex@Pad(WEBブラウザ)からはセキュリティを設定することはできません。

 

fbsecurity001

 

フォルダのセキュリティ設定画面

 

 

セキュリティの設定方法

 

WindowsOS上でセキュリティを設定する方法とまったく同じです。

 

1.Windowsエクスプローラを起動します。

 

fbsecurity002

 

2.セキュリティを設定するフォルダを開きます。
3.フォルダの右クリックメニューで共有とセキュリティをクリックします。
4.各グループ、ユーザーアカウントごとに、権限を設定します。

 

 

パスワード変更機能

 

Ex@Padには Windowsアカウントのパスワード変更をする機能があります。

ユーザー自身によるパスワード変更や、パスワード期限切れ時のパスワード変更などをEx@Pad上で行うことができます。

※パスワード変更はアクセスログに出力されます。

 

 

パスワード変更機能を有効にする

 

1.管理ツール > 高度な設定 > その他設定項目(config.ini) を開きます。
2. changepassword_enabled を開いて値にチェックを入れ、ONに変更します。※既定ではOFF に設定されています。

       ※検索ボックスに「change」などを入力して絞り込むとすぐにみつかります。

 

0014

 

3.サービスを再起動します。

 

 

パスワードを変更する

ログイン済みのユーザーは任意のタイミングでパスワードを変更できます。

 

1.画面下部の「オプション」をクリックします。
2.パスワード変更リンクをクリックします。

 

0015

 

 

古いパスワードと新しいパスワードを入力して変更ボタンを押してくだい。

 

fb_changepassword05

 

 

ログイン時にパスワードを変更する

Windowsのセキュリティポリシーによって、ログイン時にパスワードの変更が必要になった場合、Ex@Padでは以下のような画面を表示し、ユーザーにパスワード変更を促します。

 

fb_changepassword01

 

古いパスワードと新しいパスワードを入力して変更ボタンを押してください。

 

 

パスワードが変更できない場合

Ex@Padでは、パスワード変更に失敗した時にWindowsが返したメッセージをそのまま表示しているため、原因がわかりにくい場合があります。

表示されるエラーでわかりにくい例としては以下の文言があります。

       「パスワードはパスワード ポリシーの要件を満たしていません。パスワードの最短の長さ、パスワードの複雑性、およびパスワード履歴の要件を確認してください。」

 

このようなエラーが表示された場合は、以下の原因が考えられます。

・パスワードが必要な長さより短い
・パスワードが長すぎる
・更新直後である
・一意の文字が不足している
・その他、パスワードポリシーの要件を満たしていない

 

参考 : http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc447014.aspx

 

 


Copyright (c) Broadleaf Co., Ltd. All rights reserved.