Fb3Indxerサービスの回復

トップ  前へ  次へ

 

現象

Ex@Padサーバーとファイルサーバーを同時に再起動した場合に、ファイルサーバーの起動に時間が掛かって、ドキュメントルートフォルダにFb3Indxerがアクセスできない状況であると、Fb3Indxerの起動に失敗します。

前項の「Fb3Indxerサービスに失敗する」では主にEx@PadやWindowsの設定ミスによるものを対象にして説明しましたが、ここではEx@Padサーバーと、ドキュメントルートフォルダが存在するファイルサーバーが別々の場合に起こりがちな現象の回避策について解説します。

 

原因

サーバーを起動時に、ドキュメントルートのあるファイルサーバーのサービスが完全に立ち上がっておらず、 Ex@PadサーバーのサービスFb3Indxerがドキュメントルートにアクセスできない。

 

解決方法

Fb3Indxerサービスの起動に失敗した場合の回復操作の設定を行います。

 

1.スタートメニュー > 管理ツール > サービス を開きます。

 (または、スタートメニュー > コントロールパネル > 管理ツール > サービス)

 

clip0207

 

 

2.Fb3Indxerのプロパティを開きます。
「回復」タグを選択します。
「最初のエラー」と「次のエラー」の項目を「サービスを再起動する」に設定します。
「エラーカウントのリセット」を設定します。設定値は1日にすることを推奨します。

※0に設定すると、カウントのリセットが行われないため、累積で何回かエラーが発生すると、二度と回復が行われなくなってしまします。

「サービスの再起動」の項目で再起動までの時間を設定します。ここでは3分に設定したので、サービスの起動の失敗から3分後と6分後の2度、再起動を行います。
「エラーで停止したときの操作を有効にする」にチェックを入れます。(Windows Vista, Windows Server 2008 以降)

 

clip0208

 

設定時間はあくまで目安ですので、ハードウェア状況により適宜調整してください。

 

3.念のためFb3Apacheついても同様の設定を行ってください。

 設定は以上です。

 

 


Copyright (c) Broadleaf Co., Ltd. All rights reserved.