Ver3.3.3.34 - Apache2.2.27(IPv6対応版)への自動バージョンアップ

トップ  前へ  次へ

 

概要

 

Ex@Pad Version3.3.3.34から、使用するApacheのバージョンが2.2.25から2.2.27へアップグレードされました。

Ex@Pad Version3.3.3.34よりも古い環境からも、最新版をインストールすることで自動でApacheのアップグレードも行われます。

Apacheの自動アップグレード時には、既存のApacheの環境が移行されますので、そのままご利用が可能です。

このバージョンのApacheからIPv6接続が可能になりますが、デフォルトではIPv4でのみ接続するように設定されています。

ただし、Apacheを80(SSL443)番ポート以外でご利用中のお客様は, IPv4, v6両方で接続可能な状態になる可能性があります。この場合、アクセスログにIPv4, v6のIPアドレスが混在してしまうなどの弊害がありますので、どちらか一方(IPv4)での運用を推奨いたします。

 

対象となるお客様

 

Version3.3.3.34よりも前のバージョンをApacheを80(SSL443)番ポート以外でご使用中で、IPv6に対応したネットワーク環境で運用されているお客様

 

設定方法

 

ここではIPv4固定の設定を行います。

 

<インストールフォルダ>\Apache\conf\httpd.conf

 

を開き、Listen で始まる行を探してください。

通常は以下のように

Listen 80

Listen 0.0.0.0:80

などのようになっています。

0.0.0.0:80のようにポート番号の前に0.0.0.0:が初めについている場合はIPv4接続で固定化されていますので、変更は不要です。

0.0.0.0:が付いていない場合は、付与してださい。

 ※SSL環境のお客様はhttpd-ssl.confもご確認ください。

設定後Fb3Apacheを再起動してください。

 

Apacheのバージョンアップについてご不明な点がありましたら、弊社サポートまでお気軽にお問い合わせください。

http://www.broadleaf.co.jp/

 

※お問い合わせと同時に、Ex@Pad の稼動情報を送信していただくと、迅速に対応ができる場合があります。

 


Copyright (c) Broadleaf Co., Ltd. All rights reserved.