Ver.3.2.2 - 新UIの実装と仕様変更

トップ  前へ  次へ

 

Ex@Pad Ver.3.2.2のリリースに際しては、グラフィカルユーザインタフェイス(以下GUI)を刷新して、使い勝手の向上を目指しました。

一部機能においては仕様の変更点もありますので、バージョンアップされる場合は必ず確認してください。

 

※バージョンアップされるお客様へ

上書きインストール直後は、従来のGUIのままで表示されます。(アイコン等一部の表示は変更されます。)

新しいインターフェイスでご利用になるには設定の変更が必要です。

 

[設定方法 - 新UIで利用する]

 

Ex@Pad3.2.2管理ツール > 基本設定 > WEBアプリ > その他 を開きます。
use_classic_uiをダブルクリックして「値」のチェックを外して「OK」を押します。(設定値がOFFになります。)
通常運用ツール > サービス確認・起動・終了 > Webサーバ(Apache) を再起動します。以上で設定は完了です。

 

新機能

 

ファイルを全画面表示した場合に、ページの移動が楽にできる、スワイプ機能を搭載しました。
プレビューが作成されていないファイルを表示した際に自動でプレビューを作成するようになりました。
「このページへのリンク」を廃止して、新たに「フルパスを表示」機能を追加しました。
モバイル端末からのアップロードやコピー・移動などの各種ファイル操作がPCとほぼ同様に可能となりました。

(アップロードの可否については端末の機能にも依存します。)

Adobe Illustrator形式".ai"ファイル(PDF互換のみ)が全文検索対象ファイルになりました。
ファイル名検索が、全角・半角1文字キーワードでの検索に対応しました。

 ※バージョンアップした場合、有効にするには、検索インデックスの初期化と再構築が必要です。

「フォルダを開く」に失敗した場合、アクセスログに、拒否-ファイル参照が出るようになりました。

 

廃止された機能

 

PC画面とモバイル画面の切り替え機能は無くなりました。

       ※モバイル端末からアクセスするとPCでは表示されるフォルダツリーが自動的に非表示になります。

フォルダのコメント機能は廃止されました。旧バージョンで使用していたコメントは、バージョンアップすると表示されなくなります。

       ※各ファイルのコメント機能や、フォルダの概要については従来通り利用できます。

プロパティ一括更新機能、コメント一括削除機能は廃止されました。※プロパティ一括更新機能は、Ver.3.2.4.20で再実装されました。
Flashアップローダーは廃止されました。

 

その他注意事項

 

Internet Explorerの対応バージョンが8.0以降になりました。

       ※Internet Explorer 6, 7 を使用した場合、新しいGUIでは表示されずに、旧GUIでの表示となります。

管理者の設定により、モバイル端末を含むすべてのブラウザで、旧GUIを表示して使うこともできます。

       ※廃止された機能を旧UIでは使用可能です。旧UIでは自動プレビュー作成機能のみ新機能が動作します。

 

[設定方法 - 1文字キーワードでのファイル名検索を有効にする]

 

 ※この設定は、Ver.3.2.2 より古いバージョンからバージョンアップしたお客様が対象です。新規インストールした場合は、必要ありません。

 

1.Ex@Pad管理ツール > 通常運用ツール > サービス確認・起動・終了 を開いて、インデクサー(Fb3Indexer)とWebサーバー(Apache)を停止してください。
2.Ex@Pad管理ツール > 通常運用ツール > 検索インデックス構築 を開きます。
3.全文検索インデックスの項目の「初期化」ボタンを押します。
4.ダイアログに従って操作を進めてください。「初期化しました」のメッセージが表示されたら、「OK」ボタンを押してダイアログボックスを閉じます。

ここまでの操作で、検索インデックスの初期化が完了しました。続いて、検索インデックスの再構築をおこないます。

5.Ex@Pad管理ツール > 通常運用ツール > サービス確認・起動・終了 を開いて、インデクサー(Fb3Indexer)とWebサーバー(Apache)を開始してください。
6.Ex@Pad管理ツール > 通常運用ツール > 検索インデックス構築 を開きます。
7.インデックス再構築の項目の、「検索インデックス登録を行う」と「登録済チェックをスキップする」の2か所にチェックを入れます。
8.実行ボタンを押すと、「それでは実行します」と表示されるので、「OK」を選択してください。
9.検索インデックスの再構築が開始されました。完了するまでお待ちください。

検索インデックスの再構築操作は、WEBブラウザでEx@Padにアクセスして、システム設定 > メンテナンス操作 > インデックス再構築 からでもできます。

 

[補足:旧GUIで使用する]

 

Ex@Pad3.2.2管理ツール > 基本設定 > WEBアプリ > その他 を開きます。
use_classic_uiをダブルクリックして「値」にチェックを入れて「OK」を押します。(設定値がONになります。)
通常運用ツール > サービス確認・起動・終了 > Webサーバー(Apache) を再起動します。以上で設定は完了です。

 


Copyright (c) Broadleaf Co., Ltd. All rights reserved.